VN2000

昨日、突然にとってしまった有給休暇(夏季休暇の5日目を代替)で、バイクを引き取りにいく。
もちろん、一人なので公共の交通機関を使ってだ。
普段、原付で移動しているありがたさを痛感した(^^;
足、てくてく。
汗、だくだく。
膝、がくがく。
ピットクルーについて、出されたウーロン茶がすごくおいしく感じた。
簡単な資料の説明と、車体の説明を受けた。
ガソリンはハイオクだとか、キーはエンジン始動したら抜いても大丈夫とか、カスタムは有料だとか。
カスタムで思い出した、船舶用防水シガーソケットの件。
どうやら工賃さえ払えばやってくれるようだ。
材料をそろえようかな。
190万円という金額をローンを組んでまで出してしまったせいか、最近サイフが緩いので買い物は引き締めなくては。
で、慣らし運転へいざ出発。
道路は、いきなり渋滞している。
割と涼しかったので、エンジンから出る熱が優しく感じた。
これが真夏日だったら、しんどいんだろうな。
津田沼から、まずは伯父の経営する板金工場(白井市)へ。
家を格安(というより破格な値段)で貸してもらっているので、ある意味(というかそのまんま)大家さんでもある。
報告くらいせねばならんだろう。
今日納車ということと、排気量2000cc(正確には、2053cc)ということを言うと驚かれる。
で、なぜか「UNICON FMC ウレタン塗装用/超高級補修剤 830-P 超極細コンパウンド」というモノと磨き用の布をもらう。
コンパウンドが入っているから、ぴかぴかに磨けるとのコト。
僕は、洗車はしても、ケアなどであまり熱心に磨いたりしない人間なのだが…もらえるならと素直にもらう。
で、ライコランド(大島田)へ。
KAWASAKIのバイクなのにHONDAのヘルメットをかぶっているので、新しいものを見繕うかと思ったのだけど…高い。
1万円でも予算ギリギリなのに、普通に2万円とか言っている。
周りからバカにされようが、しばらくはこのままでいいやと開き直って、代わりに革の防水グローブを購入。
この防水グローブをはめて、次はジョイフル本田へ。
店舗脇の駐輪場へ止めてヘルメットなどの装備を外していると、初老の方から声をかけられる。
初老の紳士「これ、1500?」
私「え?…いえ、2000です」
初老の紳士「え、1000?」
私「いや、にせんです」
初老の紳士「ニセン!?」
私「はい」
初老の紳士「へ〜。1500なら見たことあるんだけどね。キレイだね〜」
私「今日納車されたばっかりで、慣らし中なんですよ」
初老の紳士「ほう〜」
初老の紳士の奥様?「あなた…そろそろ」
ということで、ちょっとの間の歓談だった。


手を見ると、すこしの時間しか経っていないけれど、グローブの色落ちが激しくて手が真っ黒。
なるほど、それで定価9000円が、特化3000円だったのか。納得。
ジョイフル本田へは携帯電話(W31CA)の値段を見に行ったのだけれど、やっぱり高かった。
よくよく調べてみると、W31CAは発売からそんなに経っていないみたい。
吉野家のカツカレーを食べてから、移動。


ジョイフル本田の前の道路はめちゃくちゃ飛ばす。
慣らし運転だと思ってゆっくりと走っていたが、ちょっと気が緩んで3速で10秒くらい全開走行。
ドドドドドっと派手に音を出して、あっという間に時速100km超え。
きっもちイイ〜〜〜!
が、すぐに冷静になってまた法定速度へ。


最近キャバクラにハマったというI氏に会いに行って、「4日間ずっと仕事してて風呂入ってないんですよ」というので、私もついでにと近くの銭湯へ。
キャバクラにハマった経緯とか、バイクのこと(彼はビッグスクーターに興味がある)とか、いろいろと風呂場で話す。
その後「レストランあさくま」で、サラダバー目的に食事。

で、他にもいろいろ回ったけれど、もう眠いので割愛(^^;
本日のVN2000総走行距離、104Km。