IE7のインストール

いまは、基本的に Sleipnir 1.66 を使っている。
が、これは結構なじゃじゃ馬ぶりで、ハングアップすること数知れず。


普通のIE(6.0)は、めったなことじゃ落ちなくなっているのに、それを使うアプリの安定性がWindows98レベルではイライラが募る。
かといって、不便さを感じるIEでもイライラする。
Sleipnir2 とか FireFox とか Netscape などは、業務用件に合わないので使えない。


いろいろ探してみて、IE7 で、いつの間にかBETA2が出ているのを知った。
そろそろインストールしてもいいかなと思った。


ダウンロード後、インストールしてみると、おもったよりスンナリ入った。
妙にさっぱりしたインターフェースになってる。
で、目新しい部分をチェック。


タブは、言うまでもないだろうからカット…しようかと思ったけれど、微妙にSleipnirと違うね。
タブの右側にちっちゃなタブっぽいものがあったのでクリックしてみると、新しくタブが作られた。
なるほど。
でも、右クリックで開くコンテキストメニューで「新しいWindowで開く」を選択した場合に、本当に新しくWindowを開くのはちょっと…
せめて、タブの中で開いて欲しいもの。
「新しいタブで開く」というメニューもあったけど、今のところ使い分けしたくない。
細かいオプションがあるのかな?
時間があったら、設定を見直してみよう。


メニューバーがないなぁ…と思っていたら、右側にプルダウンメニューとしてちっちゃくなっていた。
まぁ、ツールバーと違って、使う人は少ないんだろうな。
そのツールバーも追いやられてるし。
MS-DOS で、一太郎を使ってた人間としては、メニューバーが無いという事実に斬新さを感じる。
グラフィックどころか、文字で枠を描写している時代から存在していたのだから。


印刷機能の充実は、うれしい限り。
プリントアウトは地味だけれど、仕事でめちゃくちゃ重要な位置にあるデバイス
Webページを印刷する機会の多い僕としては助かる。


RSSフィードは…いまも使ってないのでパス。
検索機能の強化も、とくに目新しくは無いかな?
セキュリティは良くなっているけれど、もっとがんばれと言ったところ。
これで安定性が犠牲になるようなら、笑ってあげよう。


WindowsUpdate もやってみた。
Windows Genuine Advantage 確認ツール (KB892130) をインストールするよう指示するメッセージが表示されたので入れてみる。


その後、なんだったかのプログラムをWindowsUpdateで入れようとすると、突然ポップアップメッセージ。
Windows ロゴ認証テストに合格していないという。


一瞬固まってしまった。
WindowsUpdate で、「何故Windowsロゴ認証テストに合格していないんだ!」って。


BETA版のIE7を入れているからか?
自宅PCに入れるのは、もうちょっと待ってみることに。


まだベータ版だから、いろいろ不具合はあって当然。
完全はないと知りつつ、いう言葉。


「不具合は全部潰してくれよ!」